革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

求人募集をするときには採用側に法律の規制がある

ビル

採用側にはさまざまな法律の規制があります。
ハローワークや民間人材紹介会社や人材派遣会社など求人募集を行う場合には、職業安定法があり明示する必要があります。
明示する条件は、労働者が従事する業務内容と、労働契約期間、就業場所、始業時間や終業時刻、時間外労働の有無、休憩時間と休日、賃金などです。
さらに健康保険や厚生年金保険、労災、雇用保険の適用の有無の6項目です。
職業安定法は労働力の需給調整を適正化するために、ハローワークで職業紹介業務や民間の紹介事業者を規制している法律で、労働条件を明示することは求職者に適切な職業選択できるようにするための法律です。
ハローワーク経由で募集する場合には申込書に所定事項を記載すると必要明示事項はすべて記載したことになります。
ハローワークでは求人票として施設内の検索端末やインターネットサイトにて公開されます。
故意に虚偽記載があった場合には処罰が科せられます。
6項目の明示はハローワークや民間人材紹介会社などには必要ですが、一般の求人誌や新聞、フリーペーパーで募集する場合には明示は不要です。

ビル