革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

一人の社員がやめた場合、会社にとっては痛手しかない

ビル

会社員やアルバイトをした事のある人なら1度くらい経験があるかもしれませんが、会社が人手不足で自分1人に多大な仕事量が回ってきた事がありませんか。
例えば、今まで10人で行ってきた仕事だけれど、急に社員がやめた事でその社員の仕事までも負担しなければいけなくなった、などです。
とくに大きな会社になってくる程、従業員が多いのと同等に仕事依頼も当然多いです。
だから決して一人の力では会社は成り立ちません。
沢山の信頼できる仲間がいてはじめて軌道に乗れるのです。
社員がいきなり辞めてしまうという事は、会社にとっても大きな痛手となります。
信頼している他の社員にさらなる負担を増やしてしまう事もそうですが、次に新しい社員を見つける事は決して簡単な事ではないからです。
求人サイトなどで、社員を募集する事はお金を払えばいくらでもできる事です。
それに、根気強く求人サイトに掲載しておけば必ず1人は面接にやってくるでしょう。
しかしその人間が自分の会社に合う人間であるのか、信頼していい相手なのかというのはわかりません。
ごく短い面接で、相手がどういう人なのかを見抜かなければ、またすぐに辞めてしまったりするリスクがあるのでとても慎重に行わなければなりません。

ビル